Docker 入門

このサイトでは Docker の使い方の解説を行います。Docker はホストとなるOS上に仮想的に別のOSを動かすための仮想化ソフトウェアの一種であり、Docker, Inc という会社が主導して開発するオープンソースのソフトウェアです。

Docker は VMWare や KVM といったハイパーバイザー型における完全仮想化のサービスを提供するのではなく、コンテナ型の仮想化サービスを提供します。 コンテナ型の仮想化サービスは「OSのシステムレベルでの仮想化」ともいえ、仮想化されたゲストOSを完全に分離するのではなく「kernel は共有しつつ、user space は分離」という形態をとります。

そのため、完全仮想化に比べてそれぞれのゲストOSの分離レベルは低いものの

  • インスタンスを動かすオーバーヘッドが少ないため性能劣化がほとんどない
  • インスタンスが使用する資源(CPU, Memory, Disk)が少ない
  • インスタンスの作成や起動が速い

という特徴を持っています。

サイトの構成

右側のメニューにある「Dockerとは」という項目では Docker の特徴や利点、欠点について取り扱います。 「Quick Start」では Docker のサイトの Hands On (デモ) を利用して、Docker の使い方をざっと説明します。 そして、ある程度使い方が分かったところで、実際に Docker をローカル環境にインストールする手法について取り扱います。

その下の Dockerfile ではイメージをビルドする手法について扱います。 「詳細な使い方」という項目では Docker が提供する機能をそれぞれ詳細に説明し、「Docker の詳細な仕組み」では Docker の背後にあるテクノロジーについて扱います。 最後の「Docker の活用事例」ではサンプルとなるシステムの構築を通して Docker の具体的な利用法を取り扱います。