一つのコンテナは一つのタスクのみを担当

通常のサーバーには様々なサービスが動いています。たとえば、HTTP サーバーとして動いているサーバーがFTPの機能も提供しているということはよくある話です。

上記のような使い方は Docker では推奨されません。Docker はサーバーで動く各サービス間の依存関係を減らすために「一つのサービスは一つのコンテナが担当する」ということを推奨しています。

そしてサービス間の連携は一つのコンテナのなかでやりとりさせるのではなく、コンテナ間の連携という形で実現させます。