インストールの前に

Docker は Kernel をホストOSとコンテナ上のOSで共有します。そのため、特に理由がなければコンテナとして使いたいOSをホストOSにしたほうが無用なトラブルが避けられるはずです。

このページでは CentOS6.5 及び Ubuntu14.04 への Docker インストール手順を記載します。

インストール環境: CentOS 6.5

EPEL レポジトリの登録

デフォルト状態の CentOS のレポジトリには Docker は存在していません。 そのため、まずは Docker が存在するレポジトリ EPEL(Extra Packages for Enterprise Linux) を登録することから始めます。

EPEL に関する説明や登録の仕方は上記ページにありますが、2014年10月現在では以下のコマンドを発行するだけで問題ありません。 なお、本チュートリアルでは権限などの余計な情報を省くために基本的に root user で進めますが、環境によっては sudo コマンドなどが必要となります。

[root@localhost ~]# yum install -y epel-release
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.tsukuba.wide.ad.jp
<...>
Installed:
  epel-release.noarch 0:6-8                                                            

Complete!

Docker のインストール

Docker のパッケージ名は「docker」ではなく「docker-io」です。yum コマンドでインストールしましょう。

[root@localhost ~]# yum install -y docker-io
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
<...>
Installed:
  docker-io.x86_64 0:1.1.2-1.el6                                                                                                

Dependency Installed:
  libcgroup.x86_64 0:0.40.rc1-6.el6_5.1      lua-alt-getopt.noarch 0:0.7.0-1.el6      lua-filesystem.x86_64 0:1.4.2-1.el6     
  lua-lxc.x86_64 0:1.0.5-5.el6               lxc.x86_64 0:1.0.5-5.el6                 lxc-libs.x86_64 0:1.0.5-5.el6           

Complete!

Docker の起動

yum でインストールした場合、Docker は service コマンドで起動できます。せっかくなので、次回OS起動時に自動的にたちあげってくるように chkconfig コマンドで登録もしておきましょう。

[root@localhost ~]# service docker start
Starting cgconfig service:                                 [  OK  ]
Starting docker:	                                   [  OK  ]
[root@localhost ~]# 
[root@localhost ~]# chkconfig docker on
[root@localhost ~]# 

Docker の起動確認

docker が動作しているか確認してみます。

[root@localhost ~]# docker version
Client version: 1.1.2
Client API version: 1.13
Go version (client): go1.2.2
Git commit (client): d84a070/1.1.2
Server version: 1.1.2
Server API version: 1.13
Go version (server): go1.2.2
Git commit (server): d84a070/1.1.2

インストール環境: Ubuntu 14.04

Package List のアップデート

Ubuntu 14.04 からは Docker を特に何もせず apt-get でインストール可能です。 ただ、Docker のインストールの前にパッケージリストを最新のものにしておきます。ここでも余計な情報を省くためルート権限で作業しています。

yuichi@localhost:~$ sudo bash
[sudo] password for yuichi: 
root@localhost:~# 
root@localhost:~# apt-get update
Ign http://jp.archive.ubuntu.com trusty InRelease
Ign http://jp.archive.ubuntu.com trusty-updates InRelease
<...>
Hit http://security.ubuntu.com trusty-security/restricted Translation-en
Hit http://security.ubuntu.com trusty-security/universe Translation-en
Reading package lists... Done

Docker のインストール

続いで docker のインストールをします。注意すべきなのはパッケージ名が「docker.io」であることぐらいです。

root@localhost:~# apt-get -y install docker.io
Reading package lists... Done
Building dependency tree       
Reading state information... Done
<...>
Processing triggers for libc-bin (2.19-0ubuntu6) ...
Processing triggers for ureadahead (0.100.0-16) ...

Docker のバージョン確認

docker がきちんど動作しているかバージョンチェックで確認します。

root@localhost:~# docker version
Client version: 1.0.1
Client API version: 1.12
Go version (client): go1.2.1
Git commit (client): 990021a
Server version: 1.0.1
Server API version: 1.12
Go version (server): go1.2.1
Git commit (server): 990021a